お酒に酔った夜の備忘録

 

お酒を飲んでます。

こんな時に記事を書くべきか書かないべきか悩むけれど。

 

まぁ少しぐらい、自分を知ってもらいたくて記事にしてみるわけです。

 

お酒って本音が見えてくるもので、

人の深層心理は不思議がいっぱいでよくわからないけれど

 

普段抑圧している感情が噴出するのかなと思ってみたり。

 

だからたまには思いっきり酒を飲んでみて欲しい。

 

その時に現れる自分は、偽りの存在でもなくて

 

普段から理性で抑圧している自分だったりするのかな。

 

目を向けるのは辛いのかもしれないけど、知っておくことは大事だよ。

 

なんだって理由はあると思うから、

お酒を飲んで性格が変わるなら、君は普段から素直に生きていないのだなと思ったりします。

 

理性と魂の望む本能は違うからね。

 

理性に忠実な人。

あなたは一生懸命なんだろうなと思ったり、

 

僕は素直に生きてきたからそれはそれで申し訳なくて。

 

口出しすることもなく、ただ側に寄り添えればいいと思ってる。

 

 

人は自分で答えを見つけていくから。

 

他人に口出しさせなくてもいい、君が望むならそれでいいと思う。

 

 

でも気が向いたなら、心を開いて欲しい。

 

今は無理でもいつかの課題に設定しておいて欲しいな。

 

 

君の本音を聞いてみたい、闇でもなんでも僕は君の世界に飛び込む覚悟は出来ているよ。

 

あ、お酒は二十歳になってからね。

 

〜お酒に酔った夜の備忘録〜