夢の全てがこぼれていった話

 

子供のころ、はやく大人になりたかった。

 

ある日の夜、その日の宿題をやったかやらないか覚えてないけども。

夜更かしはそこそこに

布団から顔を出した僕は、ただ天井を眺めていた。

 

真っ暗な部屋の中。

「たいくつな学校から抜け出してはやく自由になるんだ」とつぶやいた。

 

 

 

ふとわるい予感がしてしまった。

 

「大人になってもおんなじよーに、たいくつがやってくるんじゃないだろうか」

 

 

 

真っ暗な部屋の中。

 

「先のことはわからないよ」と僕は僕に言い聞かせて目をつむった。

 

 

 

僕の人生はまだ、あの夜の続きなのだと思う。

 

 

10代の頃に描いた夢は全て零れ落ちてしまった。

消防士を目指した理由は何気ないものだった。

自営業で苦労してきた両親は、安定した仕事について欲しいと願っていたのだと思う。

僕はその誘導にまんまと乗り、小学生のうちから安定を理由に消防士を目指した。

 

本当は僕は僕の形で誰かを喜ばせたり、助けたりしたかったのだけど、それを上手には言葉に出来なかった。

仮でもなんでも、消防士という夢を持って生きる僕を、周りのみんなは褒めてくれた。

 

いつの間にか気をすっかりよくしてしまった僕は、「これでいっか」と僕の人生から手を抜いてしまったのだと思う。

 

それ以来自分をサボる癖がついてしまった僕は、みんなの期待に答えるように生きた。

 

 

初めて自分の人生を生きた19歳

夢だったはずの消防士、夢が叶った筈なのにちっとも楽しくなかった19歳。

何度も何度も僕は僕に向き合って、苦しんで、心が弱くなっていった。

「人を救いたいと思って消防士になったんだろう?」「小学生からの夢だったじゃないか」「自分との約束を忘れたのか?」「今まで散々自慢してきた夢だろう」僕は、僕に何度も問いかけて、追い詰めていったんだと思う。

 

現実を知って見えてきたのは、叶えた夢を望んでいない小さな子供の僕だった。

 

再スタートと意気込んで

本当は何を望んでいるのか、よくよく考え直して見ることにした。

本当に望んでいるのは、

いつか暖かい家庭を持つ事。

小さい頃から憧れていたワーゲンバスのオーナーになる事。

自分らしくいられる事。

これだけなんじゃないかと思うようになった。

 

そして消防を辞める事を決意。

「サボってきた人生を歩むのだ!」と19歳の夏、消防を退職した。

 

 

 

この後の人生を僕は僕がどう過ごしたのか知っている。

当たり前だけど、この時は知らなかったんだよね。

待っていたのは、腕に抱えた夢たちが溢れ落ちていく未来だった。

 

 

すったもんだ 紆余曲折 まぁ色々ありまして

あの日消防を辞めてから、9年が経ち

 

僕は28歳になりました。

あの頃掲げた夢も理想も、今では他人事のよう。

 

夢の全てはどこかへ行って、すっかり僕は身軽になった。

残ったのはこの身一つ、どこまでも、どこまでも自由に行けるような気がする。

 

ふとした時、子供の頃のあの夜を思い出す。

 

 

 

 

今でも真っ暗な部屋の中。

 

 

 

あの日蓋をした不安はそのままに。

かわらず僕は目を瞑る。

 

「先の事はわからないよ」あの日の僕が僕に言う。

 

〜夢の全てがこぼれていった話〜