意味のない思考、意味のない事

 

日々生きる中で浮かぶ思考。

 

意味を持たず、それに意味を付与する作業。

 

時間にして10秒弱、いやそれすらもっと短く。

ただただ浮かび、疑問に答えてみたり、捻ってみたり。

 

何にもなれなかった思考。

浮かび、にじみ、意味を持たず消えていく思考。

 

この一連の流れに一体なんの意味が?

 

しかしそれが僕の生きている証拠であると、どっか知っている気がする。

 

 

では…僕は、僕が生きている事に意味を与えられていないのだろうか。

 

そんなふうに繋げてみた。

 

僕はきっと何事にも本気じゃないのだ。

 

あの浮かびあがる一瞬の思考にさえも。

 

「ぼんやりしてんなよ、一瞬一瞬真剣に生きろよ」

 

声がした。

 

僕の心の右下の方、光の当たらない底に誰かがいるような。

 

 

こんな妄想じみた思考。

きっと明日には忘れてるような事。

 

それでも意味があると信じてみようと思った今日、今。